ピックアップ鑑定 過去ログ 2018.1.3-

* 天文データ引用元:天体の位置・・・ソフトウェアPlacidus7.0 作者:Dr.Rumen Kolev
Placidus4.XX、5.XX、Parvusは、6.0と天体の位置などの基本情報は同じです。

2018年1月11日(木)18時30分掲載
本日水星やぎ入りです。1月31日まで水星はやぎに滞在します。

一つ前のいての水星は、社会的なことや宗教的なことに結びつけて深く考える傾向を生み出しました。多方面に興味を持つため、エネルギーを散乱する危険性がありました。

やぎの水星は目的と意図を自覚する傾向があります。集中、専念、徹底的、耐性、忍耐、論理的、人生を厳格に見る傾向があります。難題を解決します。メランコリー、熟練、巧妙、悪賢い、自分の実力での成功、経済的、節約、備えなどを表します。野心や大志はあらゆる活動の原動力になります。

自分の目的と意図を自覚したら、歩みだすのに良い時期ともいえるでしょう。いかなる過去があろうとも、今あるところから進みます。そこに本当の意味と価値があります。

2018年1月3日(水)17時55分掲載
このところさそりに火星と木星、やぎに太陽、金星、土星、冥王星があります。
さそりは火星、やぎは土星と火星が強まるところです。

月は3日16時10分過ぎにししに入りました。月は5日までししです。ししは野生のサインです。野生のサインはフェラルともいいます。

水星は11日までいてに滞在します。3日に第3デカンに入りました。いて全体は木星が支配していますが、終わりの方に野生の性質があります。そこは火星と土星が強いからです。ケンタウロスの絵を見ると一目瞭然です。

天王星はおひつじ、海王星はうおです。順に火星、木星が支配しています。

現在、火星、木星、土星が支配的なところに天体が集まっています。基礎作り、準備、作り続けるような作業に結びつきやすい組み合わせです。家庭、社会、どこにいても鍛錬される傾向があります。

準備が整うと、それができるように流れが変わります。

ホーム

Copyright (c) スターメディア 2018 All Rights Reserved.
無断転写・引用はご遠慮ください。