ピックアップ鑑定 過去ログ 2020.1.10-

* 天文データ引用元:天体の位置・・・ソフトウェアPlacidus7.1 作者:Dr.Rumen Kolev
Placidus4.XX、5.XX、Parvusは、6.0と天体の位置などの基本情報は同じです。

2020年5月21日(木)18時00分掲載
5月22日21時2分 ふたご太陽とみずがめ土星は1度57分でトラインを完成します。

太陽はおうしの終わりでアルゴルの土星の性質の影響を強く受けて、そこを抜け出してふたごに入りみずがめの土星とトラインを完成します。みずがめは太陽の影響が弱いところなので人によっては地位を手放すなど社会的立場の変化の流れです。それが自分にとって良い人も悪い人もいるでしょう。

太陽と土星の組み合わせは抑制、世襲する苦痛、遺伝的な悩み、カルマ、別れ、厳格な人、老人、病人などを表します。困難に立ち向かい苦労して昇進や成功を獲得します。年長者など他の助けがあまりない中での奮闘になるでしょう。単独で黙々と働きます。人によっては虚弱体質、孤独を表すことがあります。環境や状況の影響で一人で静かに暮らすことがあります。他人のことで我慢することがあるでしょう。

2020年5月11日(月)21時30分掲載
5月12日6時54分 水星ふたご入り。

ふたごは水星の本拠地です。融通のきく考え、多様性や変化を好み、適応力があります。話すことや書くことに優れ、仕事の才能があります。少々安定性には欠きます。誠実できちんとしています。活発な通信。多くの業務や情報の処理ができることから、神経や四肢の疲れが出やすいです。

出生図の水星がいてにある人が、ホラリーでふたごの水星で表示されることなど時々あります。

5月13日13時14分 火星うお入り。

うおの火星は、期待して行う際に静観する姿勢があります。黙って働く、黙って作業する傾向、認められるための戦い、社会活動、神秘学への関心、秘密結社に入る傾向などあります。アルコールやニコチンの渇望、自制心を欠きます。恋愛関係での信頼性の欠如、過去の失敗をくよくよすること、など表します。

依存では、現代はカフェインやゲーム、ネットなども該当します。木星など他の天体配置を考慮して、習慣の見直しがしやすい方々もいるでしょう。

2020年5月2日(土)16時00分掲載
5月に入り、土星 木星 金星は逆行前で動きが遅いです。逆行する日時です。

土星 5月11日 12時38分 みずがめ 1度57分
木星 5月14日 23時00分 やぎ 27度14分
金星 5月13日 16時08分 ふたご 21度50分

土星逆行時の天体配置では、おうし28度の水星がやぎ27度フォールの木星と分離後で、みずがめの火星とスクエア完成直前です。太陽がおうし20度と第3デカン、月がやぎ10度で春分図の第6ハウス通過中、サウスノードは第6ハウスカスプ間近です。

土星が逆行する前から、自然災害への備えや点検が大事です。誤情報やデマに注意します。同じ天体配置に、塵が空調かファンに堆積している様子がでています。ファンか回転する機器の音が大きくなっているところがあります。メンテナンスや掃除が必要なら、適切にすると良さそうです。快適になれば笑顔もでるでしょう。

2020年4月25日(土)17時00分掲載
4月26日18時00分 太陽と天王星はおうし6度35分で合を完成します。
太陽と天王星の組み合わせは、画期的・革命的・進歩的な精神や心、改革、再構築、リフォームの技術、興奮や不和を表します。創造的活動の過程での別れと出会いがあるでしょう。急な環境や状況の変化も表すので自然災害への備えは大事です。

この時期に長年の準備の末に事が始まるものがあります。水面下で多年に渡り、例えば6年間で準備したものが芽を出しますが、物事の本質が見えないと手早く何かを作ったように思えるかもしれません。

昨年2019年7月30日に太陽と天王星は6度32分でスクエアを完成しました。経済改革や研究開発などで前進の流れに入った人たちの中には、現在節目を迎えている人たちがいます。基礎工事が上手くなかったところは修正や補強、人間関係の変化があります。地球規模で考える真の豊かさ、誠実な人間関係にあるところは幸いです。

2020年4月15日(水)14時10分掲載
4月15日19時58分 おひつじ25度56分の太陽がやぎの木星とスクエアです。

古典占星術でこの位置は、意見の違いはあっても一致点を見出して創造的な活動に結びつける可能性を持っています。

太陽と木星の組み合わせは、食中毒や合わない物を摂取する暗示もあるので飲食物の管理を丁寧にするといいでしょう。消費期限を大幅に超えたかなり古いものは注意しましょう。

どこでどんな状況であろうとも創造的であることです。必要な時に素晴らしい力につながります。

2020年4月6日(月)19時00分掲載
エコノミークラス症候群を避けるために、軽く運動すること、水分を取ることなど大事な時期に見えます。

2019年12月以降コロナが出回るようになってから、天体が足や脚を表すサインに多く集まっているからです。春分図では同じ天体が胸部にも影響を与える配置です。4月5月は少し天体配置が変わるものの傾向は同じです。

軽く運動をした方が心も体も健康でいられるような人も多いでしょう。
衛生面では出歩く場所や行動に気を付ける必要があるでしょう。

2020年3月25日(水)15時00分掲載
順行と逆行で順行の方が良いと言われている理由の一つは、事の開始で主要なものが順行している方が物事が捗るからです。

しかし逆行が重要なこともあります。例えば逆行開始で手術を受けて、順行に戻る頃に退院して完治することなどあるわけです。この場合どちらを向こうともいい結果です。

社会情勢では、天体が運行の向きを変えるタイミングで潮目が変化することは古代から知られています。2020年春分は太陽から冥王星までの10天体はすべて順行でした。2020年はじめは1/11に天王星が順行、2/17-3/10の水星逆行でした。

4月下旬から6月の間は火星と天王星以外が逆行します。準備 改善 調整 学び 理解の深まりなどありそうです。苦労と忍耐、助け合いなど生じるでしょう。多くの人が、人 社会 国 世界 生物 地球環境の健康に意識を向ける時期にもなりそうです。

追記16:30 太陽と月は常に順行です。

2020年3月14日(土)15時30分掲載
3月14日18時00分トランジットと2019年春分図について。

首相や内閣を表す土星にトランジットの国民を表す火星が接近の合です。火星は他国の国民も表します。生存への強い意志、日本の国家的な団結、日本と他国の人たちが一丸となって困難に立ち向かい、乗り越えていく暗示です。国際的な相互協力があります。

春分図の水星にトランジットの海王星が接近の合、トランジットの水星が進行して直ぐにうお入りです。感染症に今後も注意する時期に改めて入ります。手、口、足の衛生が大切です。頭部の各部位の感染症対策で医療の研究と対応が進むでしょう。重要なことは、現実的に専門家や指導者の助言に従うことです。

発症の元となった国を含めて今後もしばらくの間世界では拡大の傾向があり、これからが正念場です。

今後4か月弱、相互が心身ともに良くなるように、地球環境を改善しながらの営みが求められるでしょう。国民的な体力をつけて本物の国力を蓄えることが重要でしょう。この地に生活するすべての人と生命が大切な存在です。

*3月14日のブログにはチャートを掲載しています。

2020年2月28日(金)18時00分掲載
2月28日15時33分、木星がやぎ19度14分に移動しました。
春分図の土星にトランジットの木星が合です。

この天体配置は、重要な政治的判断を示しています。

占星術で木星と土星の組み合わせは、政治や行政、国や社会のために働く人たち、公務員や公的機関の人たちだけでなく、肺も表します。

立場や状況を客観視して、自分と人と周囲にできる最善を尽くす時期にあるようです。健康第一で、いろんな状況が改善されるように願ってやみません。

*2月28日のブログにはチャートを掲載しています。

2020年2月20日(木)12時40分掲載
19日に太陽がうおに入りました。
現在水星がうおで逆行中です。
26日10時37分 うお6度54分 太陽水星合です。

自分自身を丁寧に扱いましょう。
そうすれば人への接し方で何かわかることがあるでしょう。

現在は、2019年の春分図の最後の月で、大切な時期です。
衛生、健康、言葉、情報の扱い、管理、批判、建設的な提案など大事になりそうです。

2020年2月10日(月)11時45分掲載
1月から地と水のサインに天体が多く集まっていますが、春分の頃まで続きます。

人により情勢的に他人がやたらと関わってくる、多忙で仕方がないことがあります。できるだけ無理をしないように相互配慮すること、上長の采配が大事になることがあります。一方で仕事が激減して収益の確保に苦労するところがあります。次に備えることや、総合的な判断や行動が必要なことがあります。

2月16日20時31分火星やぎ入りです。

山羊の火星は、野心、働く熱意、耐久力、現実感、慎重な熟慮、成功を収めたい意思、自立、主体性があります。自己過大評価。挑戦的、反抗的。頑固、強情、利己主義。つきまとう、尾行なども表します。

2月17日9時27分水星うお12度53分で逆行開始です。
3月4日みずがめに入りますが、10日に順行に戻り、16日再びうお入りです。

2020年1月30日(木)12時25分掲載
1月30日現在、月はおひつじ、天王星はおうしを運行中です。おひつじとおうしは頭部、首を表しますが、どちらも顎を表し、咀嚼に関与します。

首は、指令を出す頭部と実際に行動する身体の間にある重要な場所です。夢解釈では意思決定に関わる部位で、感情や理性と密接です。このあたりに矛盾がなければ物事は上手く進みやすいです。

他の7天体、太陽、水星、金星、火星、木星、土星、海王星、冥王星は臀部から下の足先までの範囲にあります。実際的な行動とも結びつきます。

膝を表すやぎに、木星、土星、冥王星があります。膝は夢解釈では人生の方向を決める部位です。人によってこのまま進むか、微調整するか、方向転換するか主体的に考えて行動することが求められることがあります。

天体配置より次の解釈もあります。他人の領域に不要に侵入しない、余計な首を突っ込まないことです。泥棒、偽善は自分の芽を摘み、根を枯らします。他人の創造的活動の妨げです。一時的に人を騙せても、天を騙すことはできません。等身大の自分で歩むことが大事です。

2020年1月20日(月)12時35分掲載
1月20日23時55分太陽みずがめ入り。2月19日まで滞在します。

みずがめの太陽の特徴です。
良い観察者です。他人を直観的に理解します。適応力があり、変化しやすく、他人を助ける用意があり、社交的、人間の本質への知識があります。新しいやり方に好意的。保護・監督・制限に対しては反抗します。自己努力の昇進だけでなく、他人の助けもあり昇進することがあります。

1月23日15時54分 2度42分太陽おうし天王星 スクエア
変化です。環境、生活、精神面での変化、閃き、興奮、不和、再構築の暗示。

23日22時04分 11度48分うお金星やぎ木星 セクスタイル
喜び、恋愛で幸せ、不和、有名になる、過度な贅沢、浪費による損失など。

日常でも変化のある日でも大事なことは、生き方でしょう。
人生は学びの場。等身大の自分を受け入れて今あるところから進みます。

2020年1月10日(金)13時50分掲載 1/13土星冥王星合の時刻追記
1月10-20日、曜日の7天体の動きが速いので一部の事は速く展開します。

1月11日04時21分 かに20度 半影月食
考えずに何でも受け入れるのは、良い受容性ではありません。
主体性や責任感を持つことが問われます。

1月11日11時3分 天王星順行へ(あと1週間ほど留)
情勢の潮目が変わる時です。
種が芽を出す、以前芽を出したものがこれから育つ暗示。

1月13日01時24分 土星冥王星合 やぎ22度46分
土星と冥王星の組み合わせには、重労働や虐待の暗示がありますが、多数の人のために偉業を成し遂げる意味もあります。悪い面では、自己中心性、他人の成果や業績の横取りの意味もあります。後者は必ず自滅を引き起こします。

現在水星がやぎを移動中。言葉を大切に扱いましょう。
やぎで1/11-14日多くの合が完成します。
20年前に蒔いた種は地中に大きく根を張り土台を作りました。
長い冬を終えてようやく芽を出しこれから20年かけて成長します。

ホーム

Copyright (c) スターメディア 2020 All Rights Reserved.
無断転写・引用はご遠慮ください。